オリジナルシナリオ*オク秘録=PANxDA / オリジナル作品展示空間euraum.com(えうれんズHOME)

ストーリー セクション1 あらすじ(ストーリー全体)

人間を含むほぼすべての生命が「パンドラ」と呼ばれる器官を有する世界。
特殊能力を持つ少女の1人が、様々な別れと出会いによって己の信念と使命を見い出し
世界の真実を知る者達と共にこの世界を奪う「真」の敵と戦う

また1人、ノヴァリオン(仲間)が消えていく……
少女がそこから逃げる決断をした時、運命は大きく展開していく……(エデンタール国サイド)

特殊能力のリスク

その特殊能力「デーモン・ロータス」は、世界でも使える人間は限りなく少ない。
その能力の1つ「デーモンズ・フィールド」は周囲に居る存在のパンドラを操り、しばらく実質行動不能にさせる事が出来る。
しかし、これらの能力を覚醒させた者は己の「マイナスの感情」に心を支配されてしまうと自身の命さえ落としてしまうリスクをはらんでいた。

ノヴァリオン隊の任務

これら特殊能力を持つ人間を集めたエデンタール国の第二部隊「ノヴァリオン隊」。
少女リィカもそこに在籍。 現在3名のその戦士は資源戦争の任務の傍ら、その意味も分からぬままある任務をこなしていた。

彼らの未来

過去に所属していた歴代のノヴァリオン達はどこへ消えていったのか……
不安や疑念を抱きつつも生活を続ける彼ら。
心にどこか孤独を持つ彼らは自ら逃げると言う選択肢を選ばないまま、また1人のノヴァリオンが消えていった。
しかし、少女がそこから逃げる決断をした時、ストーリーは大きく展開していく。

人が人としてこの世界に生き残るには 未来を知り、宿命を変えねばならない。
しかし、すべての人類がそれを知ればその前に世界は破綻する……(ナレジ国サイド)

世界で最も古い国の一つとされるナレジ国。 この国には皇家の一部にのみ秘かに伝えられている事があった。

──この世の宿命を打ち破りしナニカを探求せよ、と。

その手掛かりらしきものを見つけた先代のミカドの遺志を継ぎ、現ミカドと謎のボス・ロクミツは、ナレジ国の第9部隊にそれを突き詰める任務を秘かに遂行させていた。
そしてその任務の最中に出会った特殊なアーケノイド(バイオロイド)によって、この世界の真実が打ち明けられる。
パンドラを有するすべての生物がこのままではある存在の死と共に滅ぶ未来にある、と……
その真実は世界を混乱と混沌に陥れ、世界崩壊前に生物を自滅に導きかねないデリケートな真実。

真実を知る少ない者達と残された時間でこの問題を解決しなければならない。
生き残る唯一の手掛かりは"ノヴァリオンの持つ能力"だけ。

しかし、彼らはまだ知らない。 この世界を脅かすもう一つの脅威を……