オリジナル作品展示空間euraum.com(えうれんズHOME)

エウレカ研究空間

一人で応えてみるコーナー

ヘアピン有り派?無し派?それとも短髪派?

有り < 無し <<< 短髪

笑ってしまうあの場面

ムーンドギーに椅子が飛んでくる場面。
レントンがDrベアーに驚いて、寝ているムーンドギーがそのまま ゴンッ☆ って机に頭をぶつける場面 (あの間も好き)

エウレカ関連グッズ(番外編)

関連しているものから、何となくエウレカを想像させる関係ないものまで。

左から・・・
・ 某オンラインゲームのエウレカ衣装
・ 愛用のコンパク(魂魄)ドライヴっぽいBUFFALO製USBメモリー(2G)
・ 100円ショップで買ったコンパクドライヴっぽいケース
・ ニンテンドー3DS すれ違い通信受信時のランプ
エウレカ衣装 コンパクドライヴ コンパクドライヴ 3DS

エウレカセブンとの出会い

エウレカセブンとの出会いを書いてみるページ。
エウレカを扱っているサイトなら、あって当然のページですね。(何故今まで作らなかったのか は、ページの後半で)

書きたい範囲で、書きたいスタイルで書いて行こうと思います。

◆ エウレカセブンを初めて見たのは?/出会い(媒体、時期)

最初に、苦手だった本を読む練習をしよう、と思い立ち、アニマックスで放送中のエウレカの小説版を購入。
小説版→アニメで読解力を試すべく、1冊買ってみたものの、あっさりと挫折し、1冊読んですぐアニメに・・・読解力UPにエウレカを選んだのが、ある意味間違いだったのかも・・・
(そこで、コンパクト ドライヴじゃなくてコンパク(魂魄)ドライヴ だったと知りました)
アニマックスで、1日2話ずつ/1日1話ずつやってた時のことです。

◆ アニメ、漫画、小説、ゲーム いくつ見ましたか?

アニメは全部。 漫画は全巻6+2巻揃えました。(番外編の方が好み) 小説は1巻。 ゲームは...

◆ 好きな話

  • 23話 ディファレンシア
  • 25話 ワールド・エンド・ガーデン
  • 28話 メメントモリ
  • 37話 レイズ・ユア・ハンド
  • 42話 スターダンサー

◆ 好きなキャラ/好きなLFO/好きなセリフ

成長、という部分では、エウレカ キャラとして好きなのは、サクヤ
LFOは、やっぱり ニルヴァーシュ
好きなセリフは、別ページに。

◆ この作品の良さは?

  • 映像や物による比喩表現 (哲学っぽくて好き)
  • 一回で理解できない奥深さ
  • それぞれのキャラがそれぞれに成長しているところ
  • リーダーのホランドにも、未成熟な面があるところ
  • 50話あって、中だるみしやすい20話~にこそ良い話が多いところ

◆ 語りたいこと

映画とか音楽とかって それ中身がと言うのではなく、その時の記憶と言うか、人と人の関係とかを思い出す事がある。
つまり、記憶というのは単体では存在せず、それを取り巻く環境によって支配されるもの・・・
(ちょっとうろ覚えな部分アリ......)

と言う、エウレカセブンの第一話の一番最初のセリフじゃないけれど
実は、エウレカとの出会いを思い出すと、同時に自分にとって嫌な事を思い出すことにもなり、中々書き起こす気が湧かず、こういうページ自体作ってませんでした(ファンとしては、作りたかったけど)。

最初は、テレビで流れていたのを、途中からボーーーっと見てて、意味不明だったけど、映像の比喩表現と、ちょっとしたセリフが気になって見てました。

その後、間髪入れずにさらに再放送があったので、見ていくうちに 自分が丁度経験した事をそのままコピーしたような内容(20~35話くらい)に、思わず見入ってしまい、気がついたら↑のセリフのような状況に・・・
(エウレカにしてやられた・・・っ!)
<その後、YouTubeで、エウレカの制作発表?の時らしい動画を見て、そのセリフに更に青ざめる事に・・・>

でも、エウレカと出会った時期は、嫌な事をいっぱい経験し、自問をし続けていた時期と同時に、色々と考え方が変わって、今の自分の基礎を作った大切な時期でもあるので、
私はきっと、エウレカセブンという作品を通して、あの頃の事を、変に傷つかない&凹まない、絶妙な角度で思い出してる(=新しく構築された初心を思い出している)んだと思うと、それはとても幸せな事で、感謝すべき事だな、て思います。

エウレカが
「私も知らないうちに変わってた。 でも、変わることって怖くないよ」
って、変わった自分を喜んでるところ 何か好きです。

~自分が変わった時に、エウレカに出会えた~
つまり、エウレカを見たタイミング、その内容が完璧だったって事です。